書きたい記事を書きたいように書くFreeブログ

かきてぃーのプロフィールはこちらをクリック!

【免停(運転免許停止処分)】になったらどうなるのか

 
  2018/06/24
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
かきてぃー
21歳に社会へ出て荒波に揉まれ逃げること数回。 2013年にネットビジネスに出会い色んなことに挑戦。無料ブログ系・物販アフィリエイト・ブログアフィリエイト。が、2度挫折し3度目再始動中。 現在の管理サイトはメイン4つのサブ20で合計24サイト運営しています。 主な稼ぎはWEBコンサルやHP制作、FXで月数十万の稼ぎです。 IT業界で学んだスキルを活かしたツールの紹介やテーマ・プラグインのカスタマイズ、実体験を元にした体験記事をメインに書いています。
詳しいプロフィールはこちら

私は22歳の時、免停になった経験があります。

高速のオービスで一発免停。

あの時の不安と苦しみは鮮明に覚えています。

免停になるとどうなってしまうのか…

免停から復活までを書いていきます。

免停or免取となる処分点数の基準

私の場合、高速道路に設置してあるオービス(自動速度違反取締装置)

50km/hオーバー。12点減点で一発免停となりました。

いったい何キロだしたら免停になってしまうのか。

まずは速度超過表をご覧下さい。

速度超過

15km/h未満…1点
15~20km/h未満…1点
20~25km/h未満…2点
25~30km/h未満…3点
30~50km/h未満…6点
50km/h以上…12点

「高速道路」
30~40km/h未満…3点

となります。

私の50km/h以上は最大の12点減点となっています…。

免許停止or免許取り消しについては点数と前歴(過去3年以内に免停or免取になった)によって区別され、以下の通りです。

前歴0回
6~8減点…免停30日
9~11減点…免停60日
12~14減点…免停90日
15点以上…免許取り消し

前歴1回
4~5減点…免停60日
6~7減点…免停90日
8~9減点…免停120日
10点以上…免許取り消し

前歴2回
2点…免停90日
3点…免停120日
4点…免停150日
5点以上…免許取り消し

前歴3回
2点…免停120日
3点…免停150日
4点以上…免許取り消し

前歴は1年間無事故無違反なら帳消しとなります。

免停or免取になった場合は1年間は大人しくしたいですね。

免停中に無免許運転なんてやってしまった日には一発取り消しですからね。

免許取り消しはどうなるの?

免許取り消しになってしまうと、再取得しなければなりません。

再取得ということは、1からです。

教習所に通い、試験を受け、仮免許を貰い、一般道を運転し、効果測定を受けて…

取得後も1年間は初心者マークを付ける必要があります。

こんな面倒なことにならない為にも免取だけは避けたいです。

さらに免取には欠格期間というものがあり、免許を再取得出来ない期間があります。

前歴によって変わり、以下の通りです。

欠格期間 前歴
なし 1回 2回 3回以上
1年 15〜24 10〜19 5〜14 4〜9
2年 25〜34 20〜19 15〜24 10〜19
3年 35〜39 30〜34 25〜29 20〜24
4年 40〜44 35〜39 30〜34 25〜29
5年 45〜 40〜 35〜 30〜

免停中に無免許運転は前歴1回となります。

無免許運転は12点の減点になりますので1年間の欠格期間です。

絶対にやめましょう。

スポンサーリンク

オービスに引っかかったかも?罰金から復活までの流れ

高速道路や一般道、いたるところに設置されているオービス。

形も様々で中でも移動式オービスはとても厄介です。

2016年の新型オービスはとても分かり難く、見つけるのは難しいでしょう。

私は首都高速のトンネル手前で光りました。
スピードは100km/hぐらい。

後ろからベンツが煽ってきたので少し離れようとアクセルを踏み込んだ瞬間…[パシャッ] 「ん?なんか赤い閃光が一瞬…?気のせいかな?」と思うぐらい一瞬でした…。

ですが確かに“赤い閃光”が走った感覚は残ってました…。

「まあ、高速道路だし100キロなら大丈夫だろう」と甘い考え…。

いやはや、知識がないってのは恐ろしいですね(汗)

※高速道路でもトンネルの手前は制限速度[60km/h]の場所もあるのです…。

出頭通知がくるまでは時間がかかる場合がある

3ヶ月経っても何の連絡もなかったので「やっぱり気のせいだったのか!」と安心してました。
すると5ヶ月経つところで[警視庁高速道路交通警察隊]なる方からお手紙が…。
内容は[出頭命令]なるものでした…。

(○○日出頭して下さい。)と…。

出頭通知は早ければ2、3日。遅ければ数か月かかることもあるそうです。

※担当警察官がオービス設置場所へフィルムの回収・現像、通知書の作成をするので。

日時は指定されており、会社を休んででも行かなくてはなりません。
当然、平日です。

出頭し待合室で待機していると「どうぞ」と案内されます。

よくある[取り調べ室]みたいな所で[聴取]をすることに…
何やらオービスで撮影された写真付きの違反状を読まれました。
—————————————————————————————-
警察「はい。これね。あなたの顔に車とナンバー。間違いないね?」
僕「はい。」
警察「じゃあ、ここに住所と名前 会社の名前連絡先など書いてね。」
僕「書きました。」
警察「じゃあ聴取をとります。」
警察「なんでスピード違反したか事情を教えてね。」
僕「後ろのベンツに煽られて、少しアクセルを踏みすぎました…。」
警察「あー。よくある話なんだよなー。」
僕「そうなんですか?」
警察「たまに罠にかけようとする輩がいるんだよ。気を付けな。」
僕「はい。すみません…。」
警察「まあ、アクセルを踏んだのは事実だからね。」
————————————————————————————–

その後淡々と今後の流れを説明され警察署を後にすることに。

ちなみにここでは免許を渡しません

罰金と判決

約1ヶ月後に裁判所から通知が届きました。

罰金は10万近く…。免停90日の判決ですね。

意見などあれば裁判所に出向いて述べてもいいのですが、素直に刑を認める場合は送られてきた用紙にチェックを入れ投函するだけでOKでした。

免停講習受講(免停45日)し短縮

免停講習を受けると免停期間が短くなります。

講習を受ける場合は別途(26,400円)かかります。

2日間12時間の長期講習です。

1日目は違反者は強制参加。安全運転に関するビデオを観た後に免許を没収されます。

免停講習受講希望者は続けて講習を受けます。

1日目:安全運転の講習
2日目:実技試験を兼ねた、安全運転講習。

以上を経て運転免許停止処分書の日数が減り渡されます。90日の場合は45日に短縮です。

罰金された上に講習料までかかるとは…。

講習区分は以下の通り

免許停止処分日数
30日 60日 90日 120日 150日 180日
受講できる講習 短期講習 中期講習 長期講習
講習料金 13200円 22000円 26400円
講習日程 1日のみ
6時間
2日間で
合計10時間
2日間で合計12時間

免許復活に困るのは身分証

免許停止中に最も不便だったのが「身分証明書」です。

TSUTAYAのカード更新や漫画喫茶のカード更新時には必ず必要な身分証明書。

当時、免許証しか持っていなかった私は非常に困りました。

仕方なく住基カードを取得し免許が戻るまでの1ヶ月ちょっと身分証として利用しましたが…

事前にマイナンバーカードを作っておくことをおススメします。

※住基カードとは…

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%8F%E6%B0%91%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E5%8F%B0%E5%B8%B3%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89

免許復活時に必要な携帯品

免許は住所地を管轄する警察署の交通課で受け取れます。
住民票の登録住所ですね。

引越したが住民登録をしてない場合、前の住所地を管轄する警察署に送られてしまうので注意しましょう。

返還には下記の携行品が必須です。

免許返還時の携帯品

  • 運転免許停止処分書…免停時に渡された用紙
  • 印鑑
  • 健康保険証・パスポート等(身分を証明できるもの)

返還は一瞬です。運転免許停止処分書を渡して捺印、身分を証明して返還されます。

問題は免許返還後の1年です。

先ほどもご説明したように免停などの処分を受けた場合、前歴が付きます。

前歴がある場合、小さな違反でも累計で一定の点数を超えればすぐに免停or免取になってしまいます。

1年間は安全運転に徹して下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -
かきてぃー
21歳に社会へ出て荒波に揉まれ逃げること数回。 2013年にネットビジネスに出会い色んなことに挑戦。無料ブログ系・物販アフィリエイト・ブログアフィリエイト。が、2度挫折し3度目再始動中。 現在の管理サイトはメイン4つのサブ20で合計24サイト運営しています。 主な稼ぎはWEBコンサルやHP制作、FXで月数十万の稼ぎです。 IT業界で学んだスキルを活かしたツールの紹介やテーマ・プラグインのカスタマイズ、実体験を元にした体験記事をメインに書いています。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク











コメントはこちらです

Copyright© 書きタレ , 2013 ~ 2017 All Rights Reserved.