書きたい記事を書きたいように書くFreeブログ

かきてぃーのプロフィールはこちらをクリック!

【ホテルマン】英語力がなくても務まるのは本当か

 
  2018/06/24
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
かきてぃー
21歳に社会へ出て荒波に揉まれ逃げること数回。 2013年にネットビジネスに出会い色んなことに挑戦。無料ブログ系・物販アフィリエイト・ブログアフィリエイト。が、2度挫折し3度目再始動中。 現在の管理サイトはメイン4つのサブ20で合計24サイト運営しています。 主な稼ぎはWEBコンサルやHP制作、FXで月数十万の稼ぎです。 IT業界で学んだスキルを活かしたツールの紹介やテーマ・プラグインのカスタマイズ、実体験を元にした体験記事をメインに書いています。
詳しいプロフィールはこちら

約1年半。ホテルマンとして働いていた経験がある私。

採用理由は”英文学科なので英語が出来るはず!”とのこと。

しかし…英語なんてボディーランゲージやで!?

そんなこんなで始まってしまったホテルマンの仕事。

今回は、その仕事内容と英語力がなくても務まった理由を書いてきます。

英語力必須は嘘!?外国人は皆優しい

よくホテルマン募集の必須事項に「英語力」や「英語資格」なんて書かれていることが多いですよね。

当然、面接時も聞かれる「語学力」。

私も実際に

「英語関係の資格は何かお持ちですか?」

かきてぃー
一応TOEIC600点ぐらいは…

なんて会話がありました。

しかし、私の場合、資格取得から英語を全く発揮することなく3年が経過していたので頭からすっかり抜けていました。

案の序、TOEIC600点のお陰か採用になってしまい仕事が開始されたのですが…

英語が全く分からない。外人のお客さんは普通に来る

私が採用されたホテルはどこにでもあるビジネスホテルなので、

まあ、日本人ぐらいしか来ないだろ

と訳の分からん自信で胡坐をかいていたのですが…

甘かった!!!

すげー来ます。普通に団体で泊りもあるぐらいのレベル。

アメリカ系、ロシア系、イギリス系…etc

様々です。

それでも私が英語が苦手だと分かると、スゲーゆっくり喋ってくれました。

まるでスローモーションのように…(子供が笑うレベル)

ボディーランゲージでも笑って許してくれて、本当にありがたかったのですが中には厳しい方もいました。

特に多かったのは

  • 中国人
  • 台湾人
  • 韓国人

のアジア系の方々!

普通に40人とか団体で泊りに来るので恐ろしいです。

私の個人的な印象ですが、台湾人・韓国人の方は比較的親切でしたが、中国人の方は厳しかったですね…。

  • よく聞こえないと「あぁ!?」って言われる
  • 朝方、掃除があるのに部屋を空けてくれない
  • レンタルの変換アダプターを持ち帰る
  • 予約取れていないと逆ギレしてくる
  • いきなり待合室で会議が始まる
  • 声が大きい

会議が始まった時はさすがにビックリしましたが…

とにかく怖かったです…。

英語で早口でしゃべってくるし、伝わらないと「はぁ~」みたな態度をされるので泣きそうになりました(笑)

アジア系の方々が日本に来る理由は、

  • 旅行の為
  • ビジネスの為
  • 土地を買う為
  • THE・爆買

が主な理由ですね。

中国の「ああ”!?」の意味とは

中国の方の「あ”あ”!?」はよく耳にします。

日本であれをやると…

イルカさん
今日はどこいく?
サメくん
あ”あ”!?
イルカさん
…舐めてんの?

と、険悪な感じになります。

しかし、中国の方にとって「あ”あ”!?」は日本でいうところの「え?」が該当します。

つまり、日本風に置き換えると

イルカさん
今日はどこいく?
サメくん
え?
イルカさん
どこーいくー??

みたいになるんです。

決して険悪になろうとしている訳ではないので注意が必要です。

ホテルマンの仕事内容は

ホテルマンといってもホテルの種類によって仕事と内容は変わってきますよね。

  • フロント
  • ドアマン
  • ベルパーソン
  • コンシェルジュ
  • ハウスキーピング
  • レシェプショニスト
  • ウェイター・ウェイトレス

大手のホテルほど、この役割が分けられています。

ただ、ビジネスホテルの場合全てをやります

電話応対・フロント・コンシェルジュ。

影分身使えたらどんなに楽だったか!

ドアマン・ベルパーソンはセルフだし、ハウスキーピングはパートのおばちゃん達がやってくれていましたが、それでも仕事量は多かったですね。

ビジネスホテルマンの1日

では、私の一日をご紹介しましょう。

10:00
出社

出勤時間はかなり遅め。のんびり混んでいない電車に乗って出社します。

10:00~12:00
レジ金確認・予約の受付・電話応対・宿泊客の管理

メインは電話応対になります。インターネットからの予約や電話の宿泊予約・確認など対応します。
宿泊客へのサポートも行います。(加湿器の貸し出しなど)

12:00~15:00
お昼・部屋のアサイン・掃除・自販機の補充

15時~チェックインが始まるので、それまでにお昼とフロント周りの清掃。当日予約分の部屋を割り振ります。
たまに、追加料金で早く部屋へ入りたい人もいるので対応したりします。
そして、なぜか自販機の補充をやらされてました。節約か?

15:00~21:00
チェックイン作業・コンシェルジュ・夕食

ひたすらチェックインです。
中には間違えて別のホテルを予約した人が来たりするので、電話で確認したりもします。
レンタル品の依頼・連泊への変更・部屋の使い方の対応もあり、この時間帯が最も忙しいです。
この間に隙を見てご飯を食べに行きます。(呼ばれたらフロントに出なければならない)

21:00~2:00
夜間チェックイン・酔っ払い対応

最も苦痛な時間ですね。
夜間は料金割引!○○プランとかいうクソみたいなプランがあったので、やたら夜中に人がきます。
たちが悪いのが酔っ払い。部屋が空いていないとゴネます。

「俺はどこで寝ればいいんだよ!!ゴラァ!」

かきてぃー
申し訳ございません
かきてぃー
知らねえよ!!!クソが!

と何度思ったことか。

3:00~4:00(3:00~5:00)
翌日分の部屋アサイン・現金チェック (仮眠)

カッコで時間帯が違うのは、相方はここで仮眠に入ります。
つまり、この時間は一人で全ての対応をしなければなりません。
お客さんがいない時を見計らって、翌日予約分の部屋をアサイン(割振り)します。

4:00~5:00
予備時間

忙しいと、時間がズレ込むので出来なかった作業をこの時間にやります。
全ての作業が終わっていると、唯一のゆっくりできる時間です。

5:00~7:00
朝食準備・チェックアウト準備(仮眠)

もう片方の相方と交代し仮眠に入ります。(相方が起きていれば
朝食の為、テーブルを拭いたりします。ご飯は専門の方が来てくれる。(給食のおばちゃんみたいな人)
で、面倒なのがチェックアウトの準備です。
大量の領収書に印鑑を押す作業はもはや苦痛でしかありません。収入印紙めんどいよ!

7:00~10:00
チェックアウト・モーニングコール・清掃確認・生存確認

たくさんの方が急いでチェックアウトしてくるので対応します。
忘れ物の問い合わせなどもあるので、結構大変です。
また、頼まれればモーニングコールをしなくてはなりません。私は男性なので「モーニングコールは女性がいい」と依頼されてました。

かきてぃー
そんなサービスねーから!!

連泊の方には、清掃の有無生存確認をすることがあります。
電話に出れくれればいいのですが、出てくれない場合マスターキーを使って生きているか部屋に確認に行きます。

過去に首を吊っていたことも…

部屋に入る前には

  • 電話を10回以上
  • ドアを開ける前に「大丈夫ですか×4、開けますね!!」を言う

との規定があるのですが、それでもドアを開けられたことに激怒する方が大多数でした。

そりゃ、部屋でナニしてる最中に開けられたキレるわな。

10:00~11:00
簡易清掃と入金

売り上げの入金や簡易的な清掃を行います。
この時間帯になると、睡魔が限界で目は開いていません。

サメくん
ただでさえ開いていない目なのに、それ以上とかタ○シじゃん!

かきてぃー
やかましい!

 

こんな1日です。気づいた方も多いでしょうが1日25時間勤務になります。

この日は明け休で、2日休んでまた出勤です。

つまり月8日勤務なんですね。

サメくん
マジで!?月8回しか働かないなんて超、楽じゃん!
かきてぃー
いや働いてるから。25時間勤務(休憩4H)×8日で168Hは稼働してるから。
サメくん
ホテルマンに…俺はなる!!!
イルカさん
きみ、どっちかっていうとアー○ンだよね!?

楽に見えて、意外と大変なんですよ…

他にもコレが大変

こんな作業もあったりします。

  • パソコンレンタルの管理
  • 夜間の駐車場、出入庫
  • 説明聞かない客への説明
  • 地震時の対応

パソコンはレンタル表があって、紙の印刷やら返却時のチェックやらがとにかく大変でした。

チェックアウトの忙しい時間帯に持ってこられると迷惑極まりない。

夜間は駐車場の管理人が帰ってしまうので、フロントが対応します。

これが、まあめんどくさい。そして冬場はとても寒い。

事故なんか起こされた日には目も当てられない。

説明聞かない人への対応も厄介です。

フロントで基本的な説明をするのですが、電話がかかってきます。

「操作が分からないんだけど。電気付かないよ!!」

かきてぃー
説明しただろうが!ボケが!

と思いつつ、部屋まで行き丁寧に説明します。

そして、最も大変なのは地震です。

こればかりは仕方ないのですが、地震が起きるとボイラーが止まってしまうのでお湯が出なくなります。

すぐさま屋上まで行き、手動でボイラーを点火しなくてはなりません。

でないと、水で風呂に入ることになる。

  1. フロントは2人体制なので、1人抜けます。
  2. 電話がたくさんかかってきます。
  3. ボイラー点火してフロントに戻ります。
  4. フロントが人と電話で爆発しています。

こんな状況になるので、まあお疲れ!!!ですね。

スポンサーリンク

まとめ

英語力はなくても働けるが、お客さんにイラッとされる可能がある

ということです。

もし、「ホテル業界」で働こうと考えている、もしくは働く方がいるならば英語力より体調管理を気を付けた方がいいです。

稼働率が高く、休憩時間も短いので体調を崩しやすく病気になりやすいです。

サメくん
俺は病気しないからホテルマン向きじゃん!
イルカさん
サメくんは知能が低すぎるから難しいかもよ
サメくん
そんなハッキリ言わなくても…

今は働きやすくなっている?

とはいっても、6年以上も前なので労働者の環境は多少整備されたのかな?

仕事内容は昔より増えていると風の噂で聞きました。

ホテルマンに転職を考えるなら、事前調査をしっかりしてよく検討しましょう。

http://www.hotelkyujin.com/

この記事を書いている人 - WRITER -
かきてぃー
21歳に社会へ出て荒波に揉まれ逃げること数回。 2013年にネットビジネスに出会い色んなことに挑戦。無料ブログ系・物販アフィリエイト・ブログアフィリエイト。が、2度挫折し3度目再始動中。 現在の管理サイトはメイン4つのサブ20で合計24サイト運営しています。 主な稼ぎはWEBコンサルやHP制作、FXで月数十万の稼ぎです。 IT業界で学んだスキルを活かしたツールの紹介やテーマ・プラグインのカスタマイズ、実体験を元にした体験記事をメインに書いています。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク











コメントはこちらです

Copyright© 書きタレ , 2013 ~ 2017 All Rights Reserved.