書きたい記事を書きたいように書くFreeブログ

かきてぃーのプロフィールはこちらをクリック!

【子育て奮闘記 1ヶ月】ヘトヘトでもう疲れたと思っている新米ママに伝えたい

 
  2018/06/29
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
かきてぃー
21歳に社会へ出て荒波に揉まれ逃げること数回。 2013年にネットビジネスに出会い色んなことに挑戦。無料ブログ系・物販アフィリエイト・ブログアフィリエイト。が、2度挫折し3度目再始動中。 現在の管理サイトはメイン4つのサブ20で合計24サイト運営しています。 主な稼ぎはWEBコンサルやHP制作、FXで月数十万の稼ぎです。 IT業界で学んだスキルを活かしたツールの紹介やテーマ・プラグインのカスタマイズ、実体験を元にした体験記事をメインに書いています。
詳しいプロフィールはこちら

育児がスタートして1ヶ月。ちょっとは慣れたかと思いきや、ここにきて疲れ果ててしまうママがとても多いです。

永遠と泣き止まず、「どうして泣いているの!?」と子供に当たってしまい後々自己嫌悪に…

というパターンが多いのです。

「ぎゃーぎゃー」泣いているからミルクをあげてみるけど、泣き止まない。どうして…。私の何がいけないの…。

と泣きそうになることもしばしば。本日の記事は妻に当時のことをインタビューした内容をそのままお伝えします!最後に妻から新米ママに向けたメッセージもありますので、ぜひ読んでみて下さい。

とにかく何事にも気が抜けない

初めての子育て。初めての新生児。とにかく気が抜けないことが多くて疲れます

私はこんなことに気が抜けなかったです。

首が据わっていないから気を付ける

まだ新生児の赤ん坊なので、当然首は据わっていません。

  • 抱っこの時はもちろん
  • 授乳時
  • おむつ交換
  • 寝かしつけ
  • 家事中

とにかく気が気ではありません。

呼吸をしているか心配だった

赤ちゃんの寝息ってとても静かで、本当に息をしているか毎日心配でした。

当然、気が抜けないので安眠なんて全く出来ません。

毎日

「呼吸しているかな?」「大丈夫かな?」

と子供に寄り添い確認してました。

うつ伏せは特に気を付けていた

特にうつ伏せ状態になると、自分で寝返りが出来ない為、窒息死してしまうことがあります。

私はうつ伏せになっていないか、毎分ぐらいのペースでチェックしてました。

でも悲しいことに、うつぶせの方が良く寝たりしてて、ずっと見守っている生活を続けていました。

少しの音でも起きてしまう

どんなに些細な音でも敏感に起きてしまう赤ちゃん

忍者のようにすり足で行動してました。

「あーやっと寝た…。これで少しは休める…」

で、旦那が騒がしく帰ってきたりすると…当然起きます。

もう、殺意しかなかったですね(笑)

かきてぃー
…。本当に申し訳ないです…。

顔を引っ掻いてしまう

新生児は手足をバタバタさせるので、何らかのタイミングで顔を引っ掻き、傷つけてしまうことがあります。

当時、ミトンという手袋(顔を引っ掻かないため)を購入し付けましたが、

ぶかぶかなので、すぐ取れちゃう(取っちゃう)んですよね…。

目を傷つけないか、毎日チェックしてました。

1歳になるまで突然死がある

それまで、すくすく育っていた赤ちゃんが、ある日突然、眠っている間に亡くなってしまう「乳幼児突然死症候群(SIDS:Sudden Infant Death Syndrome)」という病気があります。

赤ちゃんが突然亡くなることは、生まれつきの病気や感染症、窒息事故などによっても起こることがあります。しかし、SIDSはそれらと異なり、何の予兆や既往歴もない赤ちゃんが睡眠中に突然死に至る、原因の分からない病気です。

日本でのSIDSの発生数は減少傾向にあるものの、平成27年を除けば毎年100人を超える赤ちゃんがSIDSによって亡くなっています。平成28年(2016年)は109人が亡くなっており、1歳未満の赤ちゃんの死亡原因としては依然第3位となっています。

発症するのは、生後2か月から6か月の赤ちゃんに多く、まれに1歳以上でも発症することがあります。寒い時期に多くが発生しています。

こんな記事を目にした日には、もう寝れないです。

この日から1歳を迎えるまで、毎日不安でした。

「明日、息子が死んじゃったらどうしよう。私、生きていけない…。」

と考え、気持ちの面でひと時も休めなかったです。

結膜炎で目やにを毎回、拭いていた

家の息子は、出産時に結膜炎になってしまいました。(恐らく、鉗子分娩時の雑菌)

その結果、目やにが酷く、専用のウェットティッシュで毎回拭い取らなければなりませんでした

目に入らないように。結膜炎が早く治るように。

と神経をとても遣いました。

 

イルカさん
常に気を張っていて本当に神経がすり減っちゃいますね…。
サメくん
俺、こんなの耐えられない…。
イルカさん
本当に女性は偉大だね。それに引き換え…
かきてぃー
何も言えないです…

こんな事でイライラしてしまう

1ヶ月経てば慣れる」と思いきや大間違いで、1ヶ月でイライラがピークになりました。

旦那に当たり散らしても解消しないし、子供に当たって自己嫌悪だし。もう自分でもどうしたらいいか本当に辛かったです。

私はこんなことでイライラしました。

泣き声がうるさい

本当に最低な親だと思います。でも、許して下さい。

毎日。毎晩。毎時間。キーンと耳に響く泣き声を永遠と聞き続けて、ノイローゼになりそうでした。

子供は泣くのが仕事

と言われるのは分かっています。分かっているのですが、どうしてもイライラしてしまいました。

あのサイレンみたいな泣き声はどうしても耳について離れなかったです。

お風呂で泣かれると全体にサイレンが響き渡り、頭が割れるかと思いました。

子供の睡眠時間が伸びない

0ケ月の時も睡眠時間にとても悩まされました。

あわせて読みたい

【子育て奮闘記 0ヶ月】全く寝てくれない時に私が試した10の技

それは1ヶ月経っても全く変わらなかったですね。

結局、睡眠時間はなかなか伸びず。当然私の睡眠時間も伸びず。

この寝れない日々はいつまで続くんだろう。私、死んじゃうのかなぁ…

と本気で死を覚悟したこともありました。(ちょっと大げさですが…)

 

イルカさん
イライラしちゃうのは仕方ないよねぇ…。だってママも人間だもの…。スーパーマンじゃないから…。
サメくん
こういう時にパパが力にならないとダメなんだね!
イルカさん
…。
サメくん
…。
かきてぃー
…。もう何も言わないで…。

慣れていないことで更に神経を遣う

初めての子育ては慣れていないことの連続です。

その慣れていないことを慎重にかつ正確にやらなければならないので、集中力と神経を遣います。

ゲップがなかなか出ない

1日8食のミルクをあげ、その度にゲップをさせなければなりません。

なぜなら
ゲップをしないと、万が一寝ている時にゲップをすると出てきてしまい喉に詰まらせる恐れがあります。

つまり、窒息の危険性があるからです。

初めてなりに“ゲップの体勢”にして諦めず長時間トントンしました。



ゲップの体勢
人差し指・親指に顎を乗せて腕にお腹を乗せて背中をトントンします。

それでも出ない場合は、肩に顎を乗せてトントンしてください。

ゲップと同時にミルクがリバースする可能性もありますが、根気強くゲップをさせてあげてください。

抱っこひもがなかなか着けれない

慣れていないので、抱っこひもがなかなか上手く着けられなかったです。

病院連れて行くのも、平日の昼間に行くので抱っこ紐は必須です。

でも、息子が抱っこ紐の下の方で丸まってしまい、本当に苦戦しました…。

結局、腰につける位置とか・紐の長さ調整とかが間違っていたんですが、当時は全く気が付かなかったです。

チャイルドシートも慣れていないので、あっているか不安だった

初めて使うチャイルドシート。

本当にあってる?事故っても絶対無事?

凄く慎重でしたし、気になって運転するのも怖かったです。

 

イルカさん
何事にも慎重に。慎重に。ってママは我が子を一番にして自分を犠牲にしていたんだね。
サメくん
じゃあ誰がママを大事にしてくれるの?
イルカさん
そりゃ、一人しかいないよねぇ。
サメくん
あ、うん。
かきてぃー
分かってます。私です。はい。

 私はこうやって乗り越えた

乗り越え方は人それぞれですが、私はこうやって乗り越えました。

子供の表情が少しずつ出てきて頑張ろうと思えた

この頃になると、0ケ月と違い少しですが表情が出てきます。





  • この子の為に頑張ろう
  • もっと良い母親になろう
  • この子は私が守っていこう

そう思えました。

お腹の中にいた時の記憶があるのか、心音を聴かせるためにお腹の上に乗せると、とってもよく寝ました。

この表情を見るたびに、明日も頑張ろうと思ったかきみぃー(妻)なのでした。

泣いている理由が分からない

ミルク、オムツ、着替え。

考えられることを全てやったのに、ずっと泣いている。

泣いている理由が全く分からない時は、私はこうしました。

  1. まず抱っこをする。
  2. 優しく揺れる。

そうすると、落ち着きます。

それでも、激しくないている時は“病院に連れて行きます!”

なぜって、そこまで泣いているということは体調が悪い可能性が高いからです。

夜間なら緊急外来とかあるはずなので、激しく泣いている時は受診をオススメします。

このぐらいになると楽になる

1ヶ月半

これは“母親になってきた”という意味で慣れます。

子供が泣けば自動的に目が覚めますし、どんなに寝不足でも体が動きます。

結婚する前は考えられないぐらいの、体力です。

3ヶ月

首が据わってくるので、少し安心できるようになります。

5、6ヶ月

身体がムチムチになってきて、赤ん坊!っていえるような体型になるので安心できるようになりました。

1歳

突然死の可能性がグッと減るので、「やっと安心出来る」と最後に思えたのがこの歳です。

 

結局、心配は心配
我が子なので、咳してれば心配しますし、泣けばどうしたのかな?と今でも思います。

親の心配は、結局いつまでも続くのです。

 

スポンサーリンク


今、辛くて挫折しそうなママに伝えたい

今は、ノイローゼになりそうで本当に辛いかもしれません。

子供の泣き声を聞くだけで頭が痛くなるかもしれません。

でも、あと数か月。そしてその後の数か月。頑張ってください。

私は、あの時頑張って本当によかったと心から言えます。

だって、この子がいるから。

笑顔で「へへ~」って言いながら走ってきて抱きついてくることを想像して下さい。

辛かった時期の記憶なんて吹っ飛びます。

あなたの頑張りはきっとその子に伝わってます。

新米ママさん!応援してますよ!!

新米パパさん!ママに優しくしてあげられるのは貴方だけです!どんなに暴言を吐かれても受け止めて、これまでで最も優しく接してあげてください!

 

かきてぃー
本当に妻には感謝しかありません…。あの時もっと手伝ってあげてれば。優しくしてあげてれば…。後悔しても遅いのです…。
イルカさん
二人目の時は超絶、優しくしてあげてね!
かきてぃー
必ず!!!
この記事を書いている人 - WRITER -
かきてぃー
21歳に社会へ出て荒波に揉まれ逃げること数回。 2013年にネットビジネスに出会い色んなことに挑戦。無料ブログ系・物販アフィリエイト・ブログアフィリエイト。が、2度挫折し3度目再始動中。 現在の管理サイトはメイン4つのサブ20で合計24サイト運営しています。 主な稼ぎはWEBコンサルやHP制作、FXで月数十万の稼ぎです。 IT業界で学んだスキルを活かしたツールの紹介やテーマ・プラグインのカスタマイズ、実体験を元にした体験記事をメインに書いています。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク











コメントはこちらです

Copyright© 書きタレ , 2013 ~ 2018 All Rights Reserved.